内部造作が進む。

台風の影響で天気は不安定。現場に着くと内部造作が進んでいた。といっても今回は壁、天井にラーチ合板を張ってしまったら内部造作はほとんど終わりでもある。
 
階段が完成。あとはビス孔を埋め木して手すりを取り付ければよし。
 

 
階段室の壁や連続してくる和室の天井も出来ていた。
階段から2階を見上げるとこんな感じ。
 

 
2階に上がって階段室を見るとこんな感じ。勾配天井と折れ曲がった壁、直進する壁がつながる部分。
和室からの光が隙間から漏れている。
 

 
反対側の和室も出来ていた。
 

 
壁はすべてラーチ合板張りなのだが、少し細工してロールスクリーンボックスにしている。
 

 
まあ細工というほどでもないのだが、和室でロールスクリーンが見えっぱなしというのもおかしいので、ラーチ合板を100ミリ下げている、というかサッシの下地を上げている。
 
食堂のフィックス窓も入っていた。ここは三角形だったり、内側の屋根と絡んだりしたので大変だった。
 

 
外壁の左官壁も出来上がってきた。
 

 
ポストも付いて。
 

 
中から見るとこんな感じ。
 

 
リシンを吹き付けるのがもったいない。
 
塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 東京23区 町家改修 
 

 

 
 

 
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。