福岡・X棟上 その1 2012.09.07

山あり谷あり、ようやく 福岡・X の棟上の日が来た。なんかもう感無量。

新幹線が広島を通過したあたりで「雨のため今日は中止かも」という連絡を受けるが、博多に到着する頃には雨も上って、時折晴れ間も覗いている。

日ごろの行いが、よい。

現場に着くとなんだかものすごい立派な足場が建っている。道行く人が「これ4階建て?」とか聞いてくる。



ちょっとでこぼこがあったり居間の部分に変な吹き抜けがあったりするものの2階建ての片流れ屋根という建物なので2階床まではサクサク進む。



同時に地面で居間の変な吹き抜け部分をレッカーで吊り上げながら組んでいく。今回は敷地が広いのでこのように地組みができてありがたい。







これもサクサク進んでいく。
頂部はこんな仕口。この部分の開口は500mmで居間天井のトップライトになる。



無事組みあがり、レッカーで吊り上げて固定する。これが見たくて今日はやって来た、といっても過言ではない。
動画をとるか写真を撮るか肉眼で記憶にとどめるか、ぬぬぬと悩んでいるとふわりと浮かび上がった。







あっという間の出来事。なんか拍子抜けしながら2階に上ると、とんがりはちょこんとかしこまっていた。





このとんがりは1階の居間の天井の形態でもあるのだけれどもこれが2階ではそのまま反転してピラミッドみたいになる予定。2階床梁との接合部はこんなふうになっている。ピシッとしてますね。





離れてみるとこんな感じ。道行く人が「あそこはなに?」とか聞いてくる。



そんなこんなで、あとは2階の柱、桁をどんどん組んでいく。





日も暮れてこの日の作業は終わり。
次の日は屋根の登り梁と3mほど跳ねだしている庇部分を組んで、棟上終了の予定。

うちの事務所も足場用の看板作ろうかな・・とまじめに考えながらホテルに向かう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。