屋根下地合板を張りはじめた。

現場で原寸図面を描いたので確認してほしい、ということで今日も現場に向かう。

現場に着くと垂木はほぼ架かっていて屋根下地の合板が張られていた。

合板は構造用合板、いわゆるラーチ合板だ。今回の内装仕上げはラーチ合板なので、最終的には垂木は隠れるものの、まあ大体こんな感じ。

天井は垂木より10センチほど下がったところが仕上がりになる。断熱材はグラスウールの10センチのもの。軒先には通気孔を取っているので、垂木分の12センチの空間を空気が通り、さらに急勾配の屋根を昇って、外に排出される、という仕組み。

トップライト部分もだんだんそれらしくなってきた。

で、今日の本題の原寸図は軒先の部分。今回の屋根は軒先1メートルの部分の勾配をさらに緩くしている。そこの垂木の原寸図だった。まあ特に問題なし。その原寸図をもとに作られた垂木が軒先に取り付く。

雨が降りそうなのでシートで養生。大体形ができてきましたな。

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 一戸建て住宅 新築一戸建て 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。