岩倉の家 断面スタディ 2017.05.17

今日もいい天気。

大津の現場も無事進んでいるであろう、ということで、今日は朝から岩倉の家の断面のスタディ。

連休前にあらかた手を付けていたんだけれどもいくつかプランの変更があったので、改めてスタディを行う。まあそこまで大きな変更ではないのだが、建物の奥行きが変わったので桁や棟の高さ、屋根勾配などをどうするか、簡単に矩計を書いてみて決めていく。

 

P5170732

 

敷地は風致地区なので屋根勾配は3~4.5寸勾配以内にしなさいよ、という決まりがあって、その中で操作していく。そういった決まりがあるのは楽な時もあるけれどももう少し融通利かせてくれたらな・・という時もあってなかなか悩ましいのだが、とりあえず今日のところはこれで納めてみた。次は違う個所で切った矩計や詳細図、立面、伏図と合わせて調整していかなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。