福岡・庫裏計画 2020.09.11

福岡県にて寺院の門徒会館を建てる、という計画が始まった。

少し前からお話は伺っていたんだけれども、先月末に開かれた建設委員会にて、本格的にスタートすることが決定された。

法事の簡素化、檀家の減少、寺離れなど、寺院の置かれている状況は宗派問わずなかなか厳しい。そのような状況下で門徒会館を建てる、というのはこれまた大変なことであり、計画に当たっては様々な問題を解決せねばならない。

ただ建物を設計するというだけではなく、今後建設委員会では、新しい門徒会館ではどのようなことを行い、何を発信し、門徒の皆さんはもちろん周辺地域とどのような関係を作り出すのか、この地域に存在する寺院としてどのような姿勢をとるのか・・などなどを協議を行っていくことになる。僕ももちろん建設委員会に出席するので、建物というハード面だけではなく、ソフト面からも計画に携わっていくことになる。