ギャラリーのある家:滋賀県大津市 2016.03.18

3月も半ば過ぎ。梅の季節も終わり、空にはうぐいすやら花粉やら飛び交っている。

先日大津の家のクライアントと一緒に敷地を見に行った。

その後大津市役所に行ったりして一通り調査をして、ようやく設計のスタートを切ることができた。



今回の敷地は30坪ほどの大きさで国道1号線に面していて、北の方角に比叡山や琵琶湖があるので2階に上がればそれらを眺めることも可能である。1階が現代美術のギャラリー、2階がアトリエ+居住部、3階が寝室、という感じ。

クライアントは現在大阪でギャラリーをやっていて、本人も作家活動を行っている。打ち合わせの内容もかなり具体的で空間的なイメージも明確にもっている。ヒヤリングを行いながらこちらもどんどんイメージを膨らませていく。

これから大体1か月ぐらいかけて1案作り、プレゼンテーションという流れになる。それまでにはとにかく案を出し尽くさねばならない。まあ1日に2、3案まとめていく・・という流れ。

ひとまずラフ模型にまとめてみた。









ここからどうなるのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。