垂木掛けが進む

建て方のときはずっと立ち会うし、工事も最終段階に入ると週に何度も足を運ぶ。とはいえ基本的に現場監理は週に1,2回ぐらいだ。
が、今回は屋根構造が複雑だったり、雨で工事の進み具合が悪かったりしたため、先週はほとんど現場にいた。

今日も先日作った庇の模型を持って現場へ向かう。口でうまく説明できなかったのでこれで手っ取り早く説明できるはず。

現場に着くと大工さんが二人で垂木をつけていた。

雨が降り込んだため1階の土間は水がたまっている部分もあった。早いとこ野地の仕舞いを終わらせたい。模型の説明をして、ざっと現場のチェック。垂木を1本1本現場で加工してから取り付けるのですいすい進むわけではない。

しばらく雨にはお休みいただきたいものです。

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 一戸建て住宅 新築一戸建て 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。