原寸模型で隅木の納まりをチェックする。

6月7日だ。プレカットの加工も終った。

今回は枠周りはほぼアルミサッシだが、化粧柱や化粧桁に絡んでいたりする部分があったり、屋根の隅木と桁の取り合いがかなり複雑なので、それらの部材はプレカットではなく大工さんの手加工となる。

今日はそのややこしい隅木と桁の部分の原寸模型が出来たので大工さんのところに見に行くことに。

これはこの部分。

屋根の勾配が違うのでけっこう大変。ああだこうだと言いながらまとめる。



大工さん、腕の見せ所ですよ!

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。