内観模型を作ってみる

引き続き図面の作成。
 
矩形図を作成しているのだが、図面が1歩進むごとに検討事項がいくつか出てくる。
 

この図面が全ての図面のベースになるので慎重に検討する必要がある。
ちょっと分からない部分が出てきたので30分の1スケールで内観模型を作ってみることにした。
 

 
ラフでよいのでとにかくダンボールでざくざく作ってみる。
1つの部屋の天井が途中から斜めに折れ上がっていくので、その天井と一般部の天井の取り合いや部屋の雰囲気を見る。
 

 
ハイサイドをとってみるとこんな感じ。

 

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。