三老婆の疾走


 

8月も残り少なくなってきました。 
 
京都造形芸術大学ギャルリ・オーブにて7月17日から開催された「マイ・アートフル・ライフ」展も30日で終わりを迎えます。大学内での展覧会ということで、様々な方々がご覧くださり、大変ご好評頂きました。
 

しかし、他の作品ももっと見たい!という方、最近になってこの作家を知った方、色々あって見にいけなかった方に朗報です。
 

今度は丸木スマ、塔本シスコ、そしてグランマ・モーゼスという三人のおばあさんのトリオで長野県下諏訪にあるハーモ美術館で9月19日から12月8日まで、「三人のグランマ展 一生花時」として開催されます。
 

ハーモ美術館は諏訪湖のほとりに建つ、アンリ・ルソー、グランマ・モーゼス、カミーユ・ボンボアなどの素朴派の画家を中心にコレクションしている美術館です。
 

塔本シスコは1994年、81歳のときにこのハーモ美術館で個展・「塔本シスコはキャンバスを耕す」を行いました。
その後、この展覧会のときの様子を描いた作品を制作し、今回の展覧会でも展示されます。
 

長野の美しい自然の中でぜひこの疾走する三人の展覧会をご覧ください。
 

三人のグランマ展 2009年9月19日(土)~12月8日(火)期間中無休。
ただし、9月26日午後、10月4日、10月11日、11月28日午後、12月6日は常設展示のみ。
開館時間9月まで9:00~18:00、10月以降9:00~17:00
入館料 大人1000円、子供500円
 

ハーモ美術館は→こちら
 
塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。