大阪市生野区にある鉄骨ALC造のマンション1階を福祉施設に用途変更。

利用者10人、スタッフ4人の小さな福祉施設である。大家族のための少し大きめの家を作る、というイメージで計画を進めた。

100㎡に満たない小さな施設ではあるが、トイレや洗面所・台所・更衣室などをコンパクトにまとめることで、作業室や店舗・
事務室などの主室の十分な広さを確保できた。内装は無垢フローリングや珪藻土などを使用し、暖かみのある空間に仕上げている。

工法:鉄骨ALC造
規模:地上5階建て1階部分のリノベーション
対象床面積:98㎡
2015年10月竣工
施工:株式会社コアー建築工房
写真撮影:塔本研作建築設計事務所


画像をクリックすると拡大します。

福岡県 久留米市 小郡市 ローコスト住宅 デザイン住宅 建築家 住宅設計 自然素材