浜松 ・ C (2007)浜松 ・ C (2007)
クライアントは所謂団塊の世代である。退職後彼はこの人里離れた山中で半自給自足の生活を送る。 生活機能の収められた一辺約7mの正方形のボックスに広間と作業場が連続し、それらを大きな屋根で包み込んでいる。
川西 ・ M (2007)川西 ・ M (2007)
数年前は長閑な田園風景が広がっていたであろうと思われるミニ開発地内の旗竿敷地に立つ小住宅。 古くからある大きな民家と新しい建売住宅との狭間に立つ姿は、日本の住宅事情の縮図である。