塔本研作建築設計事務所 京都の建築家・建築設計事務所仕事 | 塔本研作建築設計事務所 京都の建築家・建築設計事務所
 
秋元眼科クリニック(2018)秋元眼科クリニック(2018)
京都市上桂に建つ、鉄骨ALC2階建てのビルを眼科クリニックに用途変更。 患者・スタッフ共に心地よい内部空間となること、杉材を用いた外観は街のランドマークとなることを目指した。
咆哮.2kwgallery(2017)咆哮.2kwgallery(2017)
滋賀県大津市の国道沿いに建つギャラリー付きの住宅。台形の敷地から駐車スペースをくり抜き、最大限のギャラリー空間を確保することを目的とした結果、特徴的な外形となった。滋賀県内には数少ない現代美術専門のギャラリーであり、周囲のランドマークとなることも目論んでいる。
コスモス (2015)コスモス (2015)
大阪市生野区にあるマンションの1階を福祉施設に用途変更。元々の家庭的な雰囲気を壊すことなく、大家族のための家を作る、というコンセプトで計画を行った。
福岡・X (2013)福岡・X (2013)
福岡県小郡市に建つ若い家族のための住宅。クライアントはお坊さんということもあり、1階は寺子屋のように地域に開放される場となるよう計画されている。2階中央は巨大な四角錐が空間を支配する図書室となっている。
Aビルヂング/あまのとしかず・ヴァイオリン工房 (2012)Aビルヂング/あまのとしかず・ヴァイオリン工房 (2012)
京都市に建つ鉄骨造の事務所ビルをヴァイオリン工房付きの住宅に改修。限られた予算の中でヴァイオリン工房としての作業性を高めること、レッスン室の音響・防音性能、住空間の質を確保することを念頭に計画は進められた。
K氏のアトリエ (2010)K氏のアトリエ (2010)
京都府八幡市に建つ画家夫婦のための小住宅。1階はアトリエ、2階は居住スペースとなっている。 芸術を創り出す場としての思いを断面に凝縮させた。
K氏のアトリエ (2009)K氏のアトリエ (2009)
住宅密集地に建つ画家のアトリエ。1階にアトリエ、2階と外部にギャラリー、地階は倉庫になっている。
独身者の家 (2009)独身者の家 (2009)
この建築物は独身者(社会的、政治的、物理的、生物学的、地縁・血縁その他諸々の関係からの)の為の家である。
兵庫 ・ S (2009)兵庫 ・ S (2009)
兵庫県たつの市に建つ小住宅。 敷地は元の大きな土地から切り離されたほぼ三角形のものである。そこから駐車場2台分を切り取り、この建物は建ち上がっている。
浜松 ・ C (2007)浜松 ・ C (2007)
クライアントは所謂団塊の世代である。退職後彼はこの人里離れた山中で半自給自足の生活を送る。 生活機能の収められた一辺約7mの正方形のボックスに広間と作業場が連続し、それらを大きな屋根で包み込んでいる。

全2ページ中 の 1ページ目  12