7月最後の現場監理

現場に着くと外壁左官仕上げの下地である防水紙とメタルラスが張られていた。

ここまでくると外観がはっきりとわかる。



急勾配の部分の屋根もガルバリウム鋼板の施工も終わっていた。



1階のラーチ合板も半分が張り終わっている。今回は横向けで千鳥張りにしている。



玄関・駐車場周りの左官下地、駐車場の天上も1部張りあがっている。
天井はケイカル板目透かし張りで壁と同じくリシンを吹き付けることにしている。

モルタルを塗る前のラス壁はなんだかゴージャス。
基礎との境目に打ち付けている木材はモルタルが乾くと外して壁内の通気層になる。



実際はこんなかんじ。下地の木摺りにタッカーで打ちつけていくのだが、このタッカーのピッチもきちんと決められている。



玄関引き戸の枠の造作も始まる。コストの都合でアルミサッシを多用したが玄関建具ぐらいはきちんと造りたい。
建具は上下引き戸になっていて、上は通風用の小さな引き戸になっている。



これは枠の材料。今回は基本的に造作材は杉を使っている。扉も杉板張り。



2階に上がると台所のフィックスガラスの型取りをしていた。この部分のガラスは台形と三角形なので、
型取りもかねてきちんとガラスがはまるかどうかもチェックしている。



7月最後のチェックも終わり。現場作業も大詰めって感じだ。

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 東京23区 町家改修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。