2kwgallery現場 2017.04.17

先週末は大津の2kwgalleryの現場へ。あと1ヶ月ほどで引き渡しなので、ここのところ週に2回ほど現場へ足を運ぶ日々。京都市役所から浜大津行に乗って、山を眺めながらあそこにも1本桜が咲いているなー、とか思いながら上栄町へ到着。現場では外部ガルバリウム鋼板の作業と内部造作の作業が行われていた。

 

P4140729

 

今回の外壁はガルバリウム鋼板素地のスパンドレルで、縦方向のジョイントは無しで張っていく。ジョイント無しのため、スパンドレルは長いもので8mほどになる。今回は敷地いっぱいに建てているため地面で作業できるスペースもない。そのため、スパンドレルは一旦屋根の上に載せてから開口部やダクト部分の切り欠きをして、上からよっこらしょ、と下ろしていく。

 

P4140736

 

角波のスパンドレルは角の納まりが色々悩ましいのだが、今回は角役物などは使わず曲げることでスッキリと納めてもらった。

 

P4140737

 

内部では枠回りやらなんやら、大工さんがフル回転。1階ギャラリーの階段の天井が一部曲面になっているのでその下地の確認。

 

P4140728

 

台所の鉄柱と枠の納まりの確認。

 

P4140730

 

現場は結構大変そうだし、こちらもいくつか宿題を出されたけれども、ようやく最後の図面も渡せて気分もスッキリ。国内外も色々ありますが、来年も心穏やかに桜など眺めたいものです。

 

P4140760

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。