雨の敷地、相見積もり

今日はクライアントが土地の契約を済ませた後、敷地を見に行くことになっていた。
前回訪れたときはよく晴れていたが今日は雨だった。前回と同様、敷地の印象は悪くない。

雨の日に見て印象が悪くなければ良い土地だ、と僕は勝手に思っている。

いくつか確認したいことがあったので写真を撮影する。

その後クライアントの自宅で打ち合わせをし、少しだけラフ模型の写真を見せる。土地も購入して本格的に開始だ。

ローコストにしたいなら相見積もりをするべきではないか、という考え方もあると思う。
しかし今回は超がつくローコストなので、信頼する知り合いの工務店に連絡し、今回の計画について一通り話した。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。