階段の模型を作ってみる

現場もどんどん進んでいき、階段の材料の話もまとまり階段の原寸図なども描かれていた。
階段詳細図は描いていたものの、若干変更もあったり、手すりについてもう少しつめる必要があったので
図面を描いていく。



10分の1のスケールで描いた手すり詳細図。施工用なので全体を描く必要はない。
端部をきちんと押さえていれば良い。で、模型も作ってみる。



模型も図面同様10分の1のスケール。これも部分だけ作る。手すりと手すり子の関係が分かればよい。



重要な部分はも少し大きく作ってみる。



どうってことない階段だが、出来上がったときにどうってことないように見せるにはわりと細かい配慮が必要。
模型を作りながらプロポーションを検討し、図面を直して、完成。

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 東京23区 町家改修

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。