見積もりが出た 2012.05.16

現在設計中の福岡県の住宅福岡・Xの見積もりが出た。といっても見積もりが出たのは4月末のこと。

ゴールデンウィークも過ぎ、暖かくなったり寒くなったりしていたら5月も16日。今日の京都は葵祭りだそうな。その間何をしていたかというと、先月末に出た見積書を査定したり、図面を描いたり、確認申請書の作成をしたりしていたのですね。







まずは見積書なのだが、今回は3社から見積もりをとることにした。最終的に1社が退したので、2社分の見積もりが出てきた。まあ、なるほど、という金額。1社に絞って相談を開始。

相談するということは見積額がまだ予算と合わないということ。査定した金額に特に問題がなければ、こちらの設計がオーバーしていたということになる。つまり減額案をつくらなければならない。

作った減額案をもって、いざクライアントと打ち合わせ。

現場は福岡県の小郡市なので、最寄の駅の佐賀県・鳥栖に迎えに来てもらう。



平日の正午ということもあってなんとなく所在なさげだけれどもここはサッカーチームのホームタウン。
試合のある日はものすごいのだと思う。

で、打ち合わせ。様々な攻防とドラマがあった。

クライアントの考え・こちらの考えをすり合わせ、鳥栖駅まで送ってもらい、京都へ帰る。
ロスタイム終了寸前に同点になって延長戦にもつれ込んだ、って感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。