福岡・X 始まり始まり 2012.06.11

先週金曜日、福岡・Xの工事契約が無事締結された。

昨年9月に話を頂いてから、なんのかんので約9ヶ月。ついに工事が始まる。
50坪ちょっとの住宅だけれども変に吹き抜けてたり半外部空間が多いので、施工面積にすると60坪を超えてしまう。

そんなこともあってか、なんだか設計に時間がかかってしまった。

見積もりが出そろったのは4月末だから、金額のまとめには1ヶ月ちょっと。
これに関してはなかなかスピーディだったということになる。
最終的にいくらだったかというのは公開できないが、なんかもー京都を捨てて九州に住もうかしらん、と思ってしまう。

なんてことを考えながら契約書の約款の説明をしたりして無事契約。
その後敷地に移動して縄張りと地盤高さの確認。





縄張りで表わされた建物を見るとなぜか狭く感じてしまう。毎度クライアントには、「なんか狭いですね・・。」と言われる。

そのたびに、「縄張りの時は狭く感じて、基礎を打った時は広く感じて、上棟した時にようやくスケール感がしっくりくるのですヨ。」とかなんとか説明するのだが、今回はクライアント・工務店の人皆が、「なんか長い」 とボソボソ言っている。

今回計画している建物は東西方向に17.5mの長さ。西側道路境界から6.5mの駐車場、東側隣地からは2.5m引いているものの、東西に26.5m、南北に18mの長方形の敷地に対してはけっこうめいっぱい感があるのと、やはり縄張りの特性か短辺方向が短く感じられる分、長辺方向の長さが強調されたのだと思う。

と、ゆうわけでこれから工事はどんどん進んでいくわけで、小郡市の皆さんよろしくねってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。