福岡・X 今年最後の現場監理 2012.12.27

今年最後の現場監理ということで24日は朝から福岡・X の現場へ。

鳥栖駅まで現場監督に迎えに来てもらって現場へ向かう。
もう足場が外れているとわかっているのでなんとなくそわそわする。

いつもの道の角を曲がると、当たり前だけれどもちゃんと建っていた。



先日クライアントと現場監督から足場が外れた時の写真を送ってもらっていたので大体わかってはいたというものの、
やはり実物を目の前にすると感慨深い。いろいろあったなーとか、ここはこうするべきだったかな・・とか思う。

先日クライアントからも言われたんだけれども、現場監督からも「模型通りですね」と言われて、ははは・・と返答。



北側の畑に回ってみて後姿も確認。まあなんというか、端正で良いのではないかしらん。



この日は玄関ポーチと勝手口の壁・天井の塗装が行われるとのことで養生がされていた。
中に入って確認やらなんやら。

キッチンカウンターも入っていて、なるほどキッチンから見るとこうなのね、とか。



2階に上って図書室の出来上がりの確認。



反対側からも確認。ここの手摺は設計当初は腰の高さの本棚になっていたのだけれども、ピラミッドの形をより明確にしたいので手摺のみに変更した。手摺子の間には落下防止のガラスが入ることになっている。

こういう手摺もスチールとかでやるとシャープなのかなとか思うものの、ぼてっと木製。



この段階までくると図面を見てどうのこうのという話ではないので、見つかった問題をその場で話し合って解決していくことになる。

その後は外に出て設備屋さんと設備機器を置くスペースの確認、クライアントと井戸水の濾過器の確認などを行うのだけれどもどちらも北側に設置するので日陰で打ち合わせをしているとあまりの寒さで頭が働かなくなってきそうになる。

そしたら塗装屋さんが玄関ポーチにリシンを吹き付けていた。



玄関ポーチは内部と連続感を出すために同色なのだけれども、勝手口はちょっと変わった色ということで、赤にしてみた。



塗装直後。「凄惨な事件現場」みたいになっていた。
クライアント・現場監督と「会員制クラブができた」だの「スナックができた」だの、ニヤニヤしながら見学。

結局年内には終わらなかったけれども、まあここまで来たらあと一息。

京都を拠点に活動している塔本建築設計事務所です。住宅、狭小住宅、変形敷地の住宅、ローコスト住宅、建築全般の新築、増改築、リフォーム、マンション、店舗、オフィス、事務所などの内装設計などを行っております。 設計事務所 建築設計事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 住宅デザイン 木造住宅 木の住宅 ローコスト住宅 低コスト 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 建て替え 3階建て 平屋 間取り 自然素材 デザイン 家を建てる 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 岐阜県 愛知県 福井県 岡山県 鳥取県 島根県 広島県 香川県 徳島県 高知県 愛媛県 石川県 富山 東京 四国 関東 福岡県 佐賀県 九州 注文住宅 住宅設計 狭小地 旗竿敷地 斜面地 リノベーション カフェ 喫茶店  別荘設計 山小屋設計 集会所設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 バリアフリー 幼稚園設計 保育園 医院設計 歯科医院設計 眼科医院設計 福祉施設 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 高槻 御影 豊中 亀岡 堺市 吹田市 北摂 宇治市 箕面市 山科 近江八幡 東京23区 和風住宅 町家改修 ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。