登り梁と隅木と母屋が一点に重なると・・

今日は大工さん、プレカット業者の方、工務店の社長とでK氏のアトリエ軸組みの打ち合わせ。

これまでに何度か図面のやり取りをしてきたのでこうして会って加工前打ち合わせするのは最後だ。

今までやり取りしてきたことを再度確認していく。まあここまではなんという事もない。この建物で問題なのは屋根のことだ。

ぱっと見ると、とんがり屋根に両方から緩い勾配の屋根が架かっているだけなのでなんということもないのだが、このとんがり屋根は柱で支えられた正方形のフレームに登り梁が架かっていて、その登り梁はこのフレームと桁の2点で支えられている。

内部に束や柱はないので、建て方の際工夫が必要だ。

後はこの部分も仕口が集中していてややこしい。

このような部分はプレカットでは加工できないので大工さんの出番になる。

けどここって隠れてしまう部分なのか・・と思うとややさびしい。

K氏のアトリエ

塔本シスコ公式ホームページ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都 建築事務所 設計事務所 建築設計事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 狭小地 旗竿敷地 斜面地 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 山小屋設計 集会所設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 高槻 御影 豊中 東京23区 和風住宅 町家改修 ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。