枠廻り詳細図面作成・台所掃き出し窓と腰窓とFIX窓

さて2月になった。先月に引き続きK氏のアトリエの詳細図面を描く。
 
今日描いたのはこの部分の開口部廻りだ。
 

 
掃き出し、腰窓、掃き出し、と3枚のサッシがL時に連続していて、さらに胴差と勾配天井の間に三角形のフィックスの窓が入る。また、掃き出し窓は外部テラスにも連続していてレベル差もある。
 
木製の建具が作れるならかなり細かい造作も可能だがコストのこともあるのでサッシは全てアルミサッシ。
ただそのままつけてしまうとどうしても不恰好になってしまう。きちんとディテールを検討すればすっきり収まるものである。
 
フィックスの部分はアルミサッシではなく変形のペアガラスを押し縁でとめているだけ。
 

 
A1の図面にこれら4箇所の開口部の平面、断面をまとめ描き。
 

 

 
ミリ単位で細かく指示を記入する。工務店、職人などの作り手はこれら図面をきちん読みとり、実際に形作る能力がないといけないが、図面を描く側としても製作手順などを理解しておくのは当然のこと。
 
K氏のアトリエ

塔本シスコ公式ホームページ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都 建築事務所 設計事務所 建築設計事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 狭小地 旗竿敷地 斜面地 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 山小屋設計 集会所設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 高槻 御影 豊中 東京23区 和風住宅 町家改修 ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。