展開図にラーチ合板の木目を描いてみた。

確認申請も出したし、さっさと図面の直しに戻ろうと思っていると確認検査機関から、ンガーとファックスが送られてきた。読んでみると確認申請に関してのこと。そこを突いてくるか・・・というところもあって、図面の直しは一時中断。
 
申請書の訂正やら根拠やらを携えて、いざ大阪へ。
 
行ったら担当者が不在だったので書類を差し替えたり訂正して訂正印を押したり。
 
YODGalleryと番画廊とマサゴ画廊に寄って、事務所へ帰る。
 
とりあえず申請書はあれで良い。それでは図面の直しへ。
 

 
変更や誤っている箇所を直し、スイッチやコンセント、器具類も描き込んで行く。照明などのスイッチは基本的に床から90cmにしている。これは前の事務所で採用していた寸法である。一般的には1m10cm~30cmぐらいだろうか。
 
床から90cmだと建具の引き手などと高さがそろって、まあすっきりする。
 
最後に裏からラーチ合板の木目様を描き込んで、できあがり。
 

 

実際のラーチ合板はこんな感じ。
 

 
このラーチ合板、最近人気者みたいですな。
 
K氏のアトリエ

塔本シスコ公式ホームページ

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都 建築事務所 設計事務所 建築設計事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 狭小地 旗竿敷地 斜面地 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 山小屋設計 集会所設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 高槻 御影 豊中 東京23区 和風住宅 町家改修 ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。