大阪市・狭小ビル・Tビル計画 2018.10.17

ここ最近は大阪市内でビルの計画をこそこそ進めている。プロジェクトにはひとまず「Tビル」という名前を付けている。「Tビル」の「T」は塔本の「T」なら自社ビルということでなかなか景気の良い話なんだけれども、そうではなくってクライアントのイニシャルである。敷地は上本町駅のちょっと歩いて大通りから少し入ったところにある間口7m奥行き20mの長方形。この辺りの建物は概ね古いものが多く、敷地の近くでも建て替え工事が盛んに行われている。

 

P9130069

 

今回のTビルは5階か6階建てのテナントビルで、最上階にオーナーが住む、という建築になる予定。上本町駅の近くには大阪赤十字病院があるので、テナントにはクリニックが入ってもらいたい。ということで、クリニックが入居しやすいように平面や断面は計画をしている。

 

当然ながら敷地周辺にもクリニックが入居しているビルがたくさんあって、なかなか競争は厳しそうなところではあるが、それらのビルはかなり老朽化しているので、このTビルにも十分な勝機があると思っている。

とはいえ良い計画にしなければ話にならないのでとにかく図面を書いたり模型を作ったりとスタディを重ねているところだが、なんとなくぼんやりとイメージはつかめてきた。

 

PA170007

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。