大東市 敷地調査 2019.11.15

ちょっと前まで半袖でぶらぶらしていたのだが、ここのところさすがに冷え込んできた。11月半ばなのだから当然ではある。賀茂川沿いの桜並木の紅葉がなかなか美しい。

 

昨日は敷地調査のため大東市へ。この計画は今年の3月ごろから始まって、一旦計画地を変更してからずっと土地探しをしていた案件だ。「大東市内、住道駅徒歩圏内、坪数は〇〇、坪単価は・・」みたいな感じで探していて、これがなかなか見つからなかったのだが、ようやく先週「これは!」という物件が出てきてクライアントに提案してみたらわりと気に入ってくれた。できればこれでどんどん進めていきたい。

 

 

敷地はJR学研都市線の線路沿い。住道駅から徒歩10分以内で他の施設とも近い。

まあ音の問題はあるものの南側に大きく開けているしすぐ大きな道路なので交通の便が良い。

何よりも台形敷地というのが面白い。

 

 

京橋から学研都市線に乗り換えると、住道までは寝屋川に沿って電車は走っている。

なんというか、とにかくすごい、と思って眺めている。

 

 

 

賀茂川みたいな軟弱な川沿いを自転車通勤している者にとってこの光景はなかなか強烈だ。

最初は見慣れない景色も、仕事が始まって1年ぐらい現場に通ううちに日常風景の一部になって違和感はなくなってくるのだけれども、ここもそうなるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。