大工工事もそろそろ終わり。

現場監理には基本的に週に1,2回行くことにしているが、完成が近づいてくると週3回、4回、連日なんてこともある。
今回の住宅の天井と壁はラーチ合板張りで、それがそのまま仕上げになるため、大工工事の完了=仕上がりということになる。大工工事は今週でほぼ終わってしまうので、本日も現場へ向かう。

残っている大工工事は手摺や棚板をつけたりといった工事だが、壁や天井はすでに仕上がっているのでやり直しはきかない。失敗のないよう、細かい指示が必要になってくる。

2階に上がると手摺がついていた。ここには小さな三角形の吹き抜けがある。バックが合板なので意外に手摺が目立たない。手摺は杉で、そっけないディテールでまとめている。

抽象的な空間だったけどこういうものが付いてくるとスケール感がわかりやすくなってきて、やはり人が使うのだな、という実感がわいてくる。この他にも棚やら何やらでてくる。

塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
京都建築事務所 京都建築家 関西 建築家 住宅建築家 木造住宅 ローコスト住宅 住宅作家 鉄骨造 コンクリート 打ち放し 一戸建て住宅 新築一戸建て 自然素材 デザイン 京都 大阪 滋賀 奈良 三重 兵庫 和歌山 神戸 岡山 名古屋 東京 四国 関東 九州 注文住宅 住宅設計 狭小住宅 滋賀建築家 大阪建築家 建築事務所 建築設計事務所 一級建築士事務所 リフォーム リノベーション 増改築 増築 改築 店舗設計 内装設計 オフィス設計 別荘設計 マンション設計 集合住宅設計 アパート設計 マンション内装設計 家具設計 中庭 庭 二世帯住宅 インテリア 吹き抜け 飲食店設計 セカンドハウス バリアフリー住宅 幼稚園設計 変形敷地 狭小敷地 傾斜地 栗東 守山 彦根 大津 野洲 中京区 左京区 京都市 生駒 宝塚 芦屋 枚方 東京23区 町家改修 ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。