地盤調査してみる スウェーデン式サウンディング

今日は地盤調査を行う。
 
ボーリング調査がベストだろうが、平らな土地だし、木造2階建ての住宅ということで、最低限の調査としてスウェーデン式サウンディング調査を行う。
 
以前書いたように既存住宅は確認申請が下りてからでないと解体することが出来ないので、これを避けたところで調査を行った。   
これがスウェーデン式サウンディング調査機。
 
 
  
こんな感じで・・何かの儀式のようにわりと静かに行われる。
 

   
要はこのスクリューポイントをつけたロッドという金属棒ががどれだけの荷重でどれだけ地中に貫入するかによって地盤強度を測定するわけだ。
 

 
元々田んぼということである程度悪い地盤であることは予想していたが、やはり悪かった。表層改良ぐらいですめば良いなと思っていたが、どうも柱状改良になりそうな予感が。この空き家のボスも何事かとこちらを凝視するのだった。
 

  

価格は土地を選ぶに当たって重要な条件の1つであるが、地盤が悪かった場合に地盤改良の費用もかかるかもしれないということを予測しておく必要がある。
  

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。