同窓会、YODGalleryオープニング

今まで大学の同窓会というものはなんとなく行かなかったのだが、同窓会の幹事から直接電話がかかってきたので行ってみることにした。
 
まあ僕は大学の近所に住んでいるし、ここの非常勤講師でもあったので行くのが当然といえば当然。
 
今回の同窓会は僕の所属していた環境デザイン学科とその前身のインテリア、ランドスケープ学科の同窓会で今回が第1回とのことだった。
 
近所をちょっと覗く程度の気持ちでぶらっと会場に向かうと予想以上に人が集まっていて、しかも皆きちんとした格好だった。
先生方の出席率がわりと高いようで、懐かしい顔もちらほら。渡辺豊和先生は相変わらず元気。
 
お世話になった先生方に挨拶やらなんやら、先輩、後輩方となんやら。
ちなみに僕の学年の出席者は僕だけでした。
 
適当に辞して京阪電車に乗って淀屋橋へ。
この日は西天満にあるYODGalleryにて祖母・塔本シスコの展覧会のオープニングレセプションの日なのだ。
 
同窓会に来ていた僕の師匠の一人である新田正樹さんと電車に同乗することに。
現在やっている住宅について色々つっこまれる。さすがに痛いところを突いてくるので、むむむ・・・となる。
 
予定より少し遅れてYODGalleryに到着。レセプションが始まっていたので人でがやがや。
 

オープニングイベントの様子
 

代表作の「造幣局の桜」や「馬入れ川」の2点の大作も展示。

陶器や瓶の作品、今回初公開となる小品などなど。
 

小品、陶器の作品など
 

こちらは野中陽一郎さんと蛇目さんの作品。
 
野中陽一郎さんの作品と蛇目さんの作品
 
“セルフトート・アートの作家たち-アウトサイダー・アートの核心へ-
■ 出品作家   塔本 シスコ、野中 陽一郎、蛇目

■ 会  期
2010年2月13日(土)~3月20日(土)
閉廊日:毎週日・月曜  開廊時間:11:00~19:00

■ 会  場
YOD Gallery

530-0047 大阪市北区西天満4-9-15

YODGallery、展覧会情報はこちらをクリック>>>

■ トークイベント
「”セルフトート・アート”に見るアウトサイダー・アートの諸問題」
2010年2月27日(土) 15:00~16:30 YOD Galleryにて
ゲスト:服部 正 氏(兵庫県立美術館 学芸員)

■ オープニング・レセプション
2010年2月13日(土) 17:00~ YOD Galleryにて

皆様ぜひお越しください。
 
塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。