京都→筑後舟小屋→柳川 2016.07.08

ここ数日は梅雨の晴れ間。洗濯ものが良く乾いて良いのだが、マー暑い。クーラーを効かして図面を描く毎日なわけだが、一昨日は福岡県の柳川に行ってきた。何の用事かというと、前々から計画しているお寺の施設の件。ここ柳川に新しくできた会館があるからということで視察に来た。



朝8時京都発の新幹線に乗って、博多から九州新幹線に乗り換えて20分ほどで待ち合わせの筑後舟小屋へ到着。筑後舟小屋という駅名からしてもっと鄙びたというか寂れたというか、そういう感じのイメージをなんとなく持っていたのだが、さすがに新幹線が停車する駅なだけあってそんなことはない立派な駅舎。



そこからマイクロバスで移動して柳川へ。柳川は水路が多いなー。



昼食後、店内でワラスボを見たり。目が大きいか小さいかで、とっつきやすさって変わるのだな。



その後施設見学。なんというか、いろいろな考え方があるのだな。



今年の初めは消費税増税を免れるために10月までに工事契約をしなければ!という勢いで計画を進めていたが、増税もいったん延期ということで、やや緩やかに進めていくこととなった。消費税という一つのくくりがあったので急がなければ、という思いがある一方、このように性急にことを進めて良いのだろうか、という思いも大きくなっていたので、まあこれはこれで良いのかな、と思っている。設計の進め方も従来とは異なる方法で進めて行くことになりそうで、それはやや不安でもあり楽しみでもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。