事前協議の許可が下りた。エイプリルフール。

4月になった。
 
というわけで今日は矩計図を直していく。
基礎の高さや床の高さ、外壁の仕上げなども変わったので直していく必要がある。
 
外壁は南北のあまり見えない部分はサイディング張りで、道路から見える東西の部分は無地のサイディングに弾性リシン吹きつけとしていたが、東側の形状がちょと複雑なので、左官の上に弾性リシン吹きつけとしたほうが良いと工務店から提案を受けた。
 
こういうところもいまいち価格を落とせなかったところかな・・と反省。
 
さて、早速図面を消していく。
 

 

 

 
色々消したら、描きなおして・・
 

 
一丁上がり、と。
 
細かい部分はこういう字消し版で消したくない部分をカバーしながら消していく。
 

 
仕事を始めてすぐはこの作業がものすごく苦痛だったが今はなんのもない。ほいさっさである。
 
そんなこんなで出来上がり。
 

 
電話がかかってきて、先日この住宅の事前協議書を提出してきた役所からだった。
 
協議の結果、許可が下りたので明日の午後にでも申請書を取りに来て欲しいとのことだった。
ただ、年度の手続き上、本日4月1日でなく昨年度の3月31日の許可印を捺させて欲しい、とのことだった。
 
どちらでもかまわないので、はいそれで、と返事をして電話を切った。
 
ふむ。
 
事前協議書を提出したのが3月29日の午後で、提出の際担当者から「通常は8日程度で許可が下りるが、年度末なので引継ぎやらで少し時間がかかるかもしれない」と言われていたが、もう許可が下りた。
 
「もう引継ぎとかめんどくさいから年度内に下ろしちゃおう」、という感じでしょうか。
まあ何にしても早くなったのはありがたい。
 
それとも4月1日のアレか?
 
塔本シスコ公式ホームページ
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
ブログセンター
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。